ファイナルプランナーの資格を取るために必要な3つの勉強要素

勉強期間と試験日程を先に決める

ファイナンシャルプランナーの資格を取りたいと思った場合、その習慣にでも試験の申し込みをすると良いです。勉強して自信が持てるまで、まずは教材を揃えてから、などのようにのんびり構えていては時間を無駄にするだけになります。それを避けるため、そして、勉強をせざるを得ない状況に自分を追い込む手段として、すぐに試験を申し込むことが必要です。これによって途中で投げ出せなくなり、限られた時間が明確になるので、必死に取り組めるようになります。

教材は自分の目で見て選ぶべき

ファイナンシャルプランナーの教材や参考書を用意する際、必ず自分の目で見て選ぶ必要があります。資格のためのものなので、自分に合う合わないがあります。合うのが当然良いので、周りの意見や勧めは参考にしても充てにはしないようにしましょう。分かりやすいのか、自分にとって取り組みやすい仕様になっているかを確認した上で用意することが、資格取得のために必要です。注意として、必要以上に何冊も用意してしまうと、何から始めれば良いか分からなくなるので、多くても2冊程度にしておくと良いでしょう。

過去問を取り組んで経験値を上げる

ファイナンシャルプランナーの資格試験がどういう形式なのか、どういう問題が出題されるのかを事前に知っておくことで、本番は自信を持って臨めるようになります。だから、過去問を可能な限り取り組むことがオススメの勉強法となります。覚えたことを引き出せるか、考えることができるのかをチェックする材料となり、改めて理解できる要素もあるので、取り組むことは必須と言えるでしょう。何より、実践形式で勉強できるので、一石二鳥スタイルの勉強法となります。

ファイナンシャルプランナーの講座では無料で体験入学をすることができるので興味があればカリキュラムに目を向けてみましょう。