ビジネス法務検定試験の資格を取得してみよう

資格の内容はどんなのか

1998年に創設がされたのが、ビジネス法務検定試験です。法律の資格というと、弁護士や弁理士等が主流でした。これらの資格は業務に役立つ法律の知識を学びたい人には、ミスマッチでした。ビジネスシーンで必要になる法律の知識やコンプライアンス能力に、照準に絞った資格のニーズが拡大しているのです。この時代背景を受けて、ビジネス法務検定試験が受験者を集めています。最近は取得奨励資格にも大企業ではなっていて、注目を集めていて幅広い層に対応しています。

試験の概要はこうなっている

試験は1級から3級まであり、3級はマークシート方式の選択問題で100点満点中70点以上で合格です。2級も3級と同じで、1級は論述問題で共通問題と選択問題共にあります。200点満点中で各問題ごとに50%以上で、合計点数が140点以上で合格です。2008年からは幅広い1級者受験者の活躍を支援するために、不合格者でも得点の上位者の中から1級に合格させて準1級としています。2級と3級は年に2回で、1級は年1回試験が開催されます。

各級のレベルはこうなっている

3級は業務上理解しておかないといけない基礎的法律知識を有して、問題点の発見が出来る人が合格レベルです。いわゆる、ビジネスパーソンとして最低限の法律実務基礎知識を知っている事になります。2級は実務経験があって、外部専門家に相談等の対応が出来て法律的実務知識を質や量的に知っているレベルです。1級はビジネス全般に渡り法律実務知識を持っていて、高度な対応が出来るレベルです。対応能力には、アッパーレベルが想定されます。

基本情報技術者の試験は、春と秋、年に2回行われています。勉強のスケジュールを立てるときは、試験日を意識しておきましょう。期日に遅れないように申込みをすることも重要です。