初心者必見!株の信用取引で必要な金利って何?

初心者には難しい?株の取引の仕組み!

初めて株の取引をする人にとって、いろいろわからないことって多いですよね。気に入った会社の株を買っておいて、会社の業績が上がれば、株価が上がって利益が出たり配当がもらえる、ということは何となくわかるのですが、それにまつわる様々な仕組みって案外難しいものです。まず、どのような手数料がかかるか、税金の支払いはどうすればいいかなど、細かな手続きが難しいですし、いろいろな専門用語が出てくるのも初心者を困惑させる元になりますよね。

信用取引ってどういう仕組み?

株式投資の専門用語の中でも、よく出てくるのが「信用取引」という言葉です。信用取引の仕組みについて、詳しく調べてみたところ、要するに、証券会社などからお金や株式を借りて株式投資を行うことのようです。お金や株を借りるにはその人に信用がなければならないので、「信用取引」と呼ばれるのですね。自己資金以上の取引ができるので、より大きな投資をできるメリットがあります。信用取引は証券会社からお金を借りますが、借りる際に決まった手数料を払う必要があります。また、借りている期間に応じて金利が発生するのも注意点です。

信用取引における金利の種類!

さらに詳しく言うと、信用取引には2種類あります。「信用買い」と「信用売り」です。信用買いは証券会社からお金を借りて株式を購入するやり方です。借りた金額に応じて、数%の年利で金利を支払います。一方、信用売りは、証券会社から株を借りてそれを売ります。もし株価が安くなれば、その時点で株を買い戻して証券会社に返却すれば、その差額が利益になります。こちらも株を借りる際に金利がかかりますが、通常は、株式に対する貸株料という言い方をするようです。

株の信用取引の金利は株取引において見落としがちなコストといえます。頻繁に取引を行う方や額が大きいという方は膨らむと多額の金利になる可能性もあります。証券会社選びの際は金利にもご注意ください。