不動産や株式を持つ高齢者の相続税対策

高齢者はたくさん資産を所有します

現在の日本では高齢者が多いですが、日本の高齢者はたくさんの資産を所有する傾向があります。しかし高齢者は若人とは違って死期が近いために、資産を持つ高齢者は相続税対策が必要です。相続税対策が必要な理由は、高い税率が設定されているためです。具体的な税率としては、6億円を超える資産を所有していると、税率が5割を超えます。そのため10億円相続しても、半分の5億円くらいを、相続税として支払わなければなりません。

不動産や株式の相続の問題点

これが現金だけの相続であれば、煩雑な手続きをしなくても支払えます。しかし不動産や株式の場合には、売却しなければすぐに支払うことができません。もちろん通常よりも高めで、なおかつすぐに売却できれば、問題なく支払うことが可能です。ところが不動産や株式などは、売却価格が不安定ですし、すぐに売却できるとは限りません。したがって相続税対策をすることは、とても重要なことです。そうした点で税理士に相続税相談をすると、相続税の盲点をよく把握しています。

税理士に相談するとお得です

例えば不動産であれば、年月が経過することで、改築間際の物件も存在します。この改築を相続後に行っても、相続額は減りませんから、相続税対策になりません。しかし相続前に改築を行うと、改築の費用を支払うために、相続額が減ります。するとケースによっては、相続税率が少なくなって、相続税の金額を減らすことも可能です。このような相続税の盲点は、実はたくさん存在しています。したがって不動産や株式を持つ高齢者は、相続税相談を税理士にすると、お得な情報を得られます。

一般的な相続税相談の報酬額相場は税理士によって様々ですが、一つの目安としては相続財産総額の1%前後が平均額です。算出法によっては相続税額に違いが生じる事もある為、税理士選びも慎重に行う事が重要です。