社会保険労務士の仕事内容について

社会保険労務士資格を得る方法

社会保険労務士の資格は、一朝一夕の勉強で取得することができる資格ではなく、非常に多くの知識を必要とする資格です。ただ弁護士や医師などの資格に比べると取得しやすい資格でもあります。

社会保険労務士の資格を得るためには試験を受験する必要があります。その試験は例年毎年8月に実施されています。試験内容は選択式と択一式の2種類で労働基準法や雇用保険法さらには国民年金法など業務に関連する法令を基にして幅広く出題されています。

社会保険労務士の仕事について

社会保険労務士の仕事はどんなものなのかというと企業の労働などに関する手続きや環境を整えることが主な仕事となります。

具体的には社会保険制度の加入や脱退などの手続きを代行することや年に1度提出する必要が労働保険の申告を作成および提出することなどです。ほかにもその企業の就業規則を作成したりまた規模の大きな企業を中心としてこれらの業務のアドバイスなどを定期的に行っていくために企業と顧問契約を結ぶこともあります。

社会保険労務士の将来と魅力について

社会保険労務士の資格は将来有望です。その理由は現在の企業を取り巻く環境と無関係ではなく、非常に大きな関係を持っています。現在の企業は労働環境を見直しつつあります。ちまたではブラック企業などと呼び労働環境の悪い企業対する批判が多く出ています。

これらの企業の働き方を見直す場合に社会保険労務士の果たす役割は非常に大きいということができます。また大企業だけでなく中小企業でも働き方を見直す動きが大きくなってきています。

社会保険労務士の就業規則作成では、まず始めに会社の状態をヒアリング・調査し、そこから就業規則の提案・内容詳細検討した上で、労働基準監督署に届け出することになります。