税理士資格の取り方について

税理士資格を得る方法について

税理士の資格は、いくつかの方法によって取得することができます。その方法は大きく分けて3つに分けることができます。まずひとつめが試験に合格するというものです。この試験は財務関係と税務関係に分けられ財務系から2つ、税務系から3つ合格する必要があります。次に2つめが大学院に進学し関連の論文を書くことによって試験合格に代えることができます。最後に3つめが税務署など税務関連の役所に一定期間勤務することによって得ることができます。

財務関係の試験について

では税理士試験のうち財務関係の試験は2つの科目があります。簿記論と財務諸表論です。この2つの試験の取り方は勉強内容が重なる部分が多くあるため2つの試験を同時に受験することで両方の試験の合格率を高めることができます。具体的には簿記論は計算問題が主として出題され例年90パ−セント以上が計算問題です。対して財務諸表論は、計算問題と理論問題が50パ−セントずつの割合で例年出題されています。それぞれ60点以上が合格ラインとされています。

税務関係の試験について

税務関係の試験はいくつかあります。ただし試験合格するためには法人税法もしくは所得税法どちらかの試験に必ず合格する必要があります。税務関係の試験はいくつかの試験から受験することができますのでその人の状況によって受験科目を選ぶことが大切です。たとえば仕事をしながら受験する場合にはなるべくボリュ−ムの少ない科目である固定資産税法や国税徴収法などを受験することで合格率を高めることができます。対して受験に専念している場合には、ボリュ−ムの多い相続税法などを選択することでより合格率を高めることができます。

税理士の講座は市民センターや公民館の研修室で行うと人が集まりやすいです。また、格安で借りることができます。